こんにちは。MSJSサポートです。

全国各地の豪雨や北海道の地震が心配ですね。

皆さんは、宮城県多賀城市のお隣、仙台市宮城野区岩切に今年1月にオープンした『丹庄ファーム』さんを御存じですか?

≪岩切村のうみたてたまご≫の販売所並びにニワトリの養鶏場です。

岩切村のうみたてたまご

こちらが実際に販売されている≪岩切村のうみたてたまご≫6個入りです。

 

今話題の丹庄ファームさんへ伺ってきました。

鶏舎
この日は晴天でしたが前日が雨だった事もあり外で放し飼いを行わないそうです。

ニワトリの撮影が鶏舎の網越しになりますが、ご了承くださいね。

 

現在4種類のニワトリを生育

丹庄ファームさんで現在飼育されているニワトリを簡単にご紹介します。

 

  • おかざきおうはん

人見知り。人が近づくと逃げるが、そんなに早くは逃げない。白黒のまだら模様が特徴。

おかざきおうはん

 

  • あずさ

人懐っこい。外で放している時に従業員の方の後ろを付いてくるそうです。
肩に乗る事もあるとか?!

あずさ

 

  • アローカナ

人見知りですが、おかざきおうはんと同じで、そんなに早くは逃げません。
青い卵が特徴のニワトリです。

アローカナ

 

  • 烏骨鶏

人見知り。現在はほぼ全てが雛です。すぐ奥へ逃げて行ってしまいました。

烏骨鶏
現在の≪岩切村のうみたてたまご≫の主力は、おかざきおうはん・あずさです。

烏骨鶏は雛なのでまだ産卵はしていないそうです。

無事に大きく育って産卵するのが楽しみですね。

 

従業員の方に苦労している事、嬉しくなる事をうかがいました

苦労している事

『天候により卵の産卵率が変わる事です。
悪天候の時は産卵率が落ちてしまい、お客様に充分な提供が出来ず申し訳ないです。』

嬉しくなる事

『育てたニワトリが初卵を産んだ時です。』
話を聞いていて親心が感じ取れました。

初卵

ニワトリが初めて産卵した卵。大きさ・品質ともに安定しないので製品には不向き。
初卵から3~4か月して製品として販売できる様になります。

 

丹庄ファームさんならではのこだわり

自然の状態を追究 している事。

昔の岩切村の環境に近い状態で生育しています。

これにより、ニワトリにとってストレスの少ない環境になります。

たまご本来の味を引き出す様、日々追求し続けています。

岩切村

現在の宮城県仙台市宮城野区岩切の事です。
昭和16年に仙台市になる前は岩切村として栄えていました。
かつての岩切村の農家の庭先は、広々とした敷地で、のびのびとした環境だったそうです。

 

無洗卵で出荷する為のこだわり

たまごの採取にはネストを使用

ネスト
鶏舎の中のニワトリがボックスの上の部分に乗り産卵し、産卵した卵がコロコロと落ちてきます。

たまご表面の殺菌層をなくさないための配慮です。

ネスト卵あり
なかには、ネストではなく地面に産卵してしまうニワトリもいます。

その時は鶏舎の中に入り卵を取りますが、基本的には鶏舎の中には入らずニワトリがのびのび生活できる様に努力しています。

餌にも遺伝子組み換え穀物や抗生物質を使わないこだわり

94%国産の飼料を与えている

飼料
主原材料は宮城県産の玄米のくずまいで、そこに国内各所から取り寄せた飼料を独自の割合で配合・発酵させた自家製の籾殻発酵飼料を与えています。

遺伝子組み換え穀物や抗生物質は使いません。
100%でないのは国内ではどうしても大量に入手できない飼料があるからとの事。

自家製の籾殻(もみがら)発酵飼料

地元産原料が90%以上の発酵飼料。
餌と混ぜる事により、消化吸収が非常に良くなりニワトリの体調を整えてくれます。
また、地域循環型の農業を目指して地元農家さんから頂く野菜くずや、鶏舎周辺の野草を補助飼料として与えているそうです。

 

実際の卵を見てみましょう

季節により黄身の色・味が微妙に変化

その理由は、飼料により変化するからだそうです。
飼料がほぼ国内産である為、季節により飼料の内容が変化します。

卵を割ってみました

何色の黄身が見られるのかと期待して卵を割ってみました。
今回使用した卵は、あずさの産卵した卵になります。

黄身の色がレモン色!!それに白身まで凄いふっくらしてます。

光の加減で分かりづらいかもしれませんが、実際はもっと薄い黄色です。

レモン色の黄身
個人的な意見ですが、卵の黄身でレモン色は見た事がないので驚きでした。

卵を茹でてみました

茹でても黄身の色がレモン色なのは変わりありません。優しい色で綺麗です。

茹で卵
茹で卵を食べた感想ですが、普通の卵よりさっぱりしている様に感じました。

黄身が濃い黄色の卵は味も濃厚になるのでしょうか。気になりますね。

 

販売所は2か所

(有)丹庄商店

仙台市宮城野区岩切2丁目10-15
・ガソリンスタンド
・販売時間 9:00~19:30

自然農園 丹庄ファーム

仙台市宮城野区岩切字昭和南142
・直売所
・販売時間 10:30~12:00 / 15:30~17:00
・関連SNS facebook : https://www.facebook.com/tanshofarm/

※農場は県道35号線デイリーヤマザキさんから見える黄色と緑ののぼりが目印です。

(JR岩切駅方面から向かうと、左手にのぼりが見えます。)

農場35号線沿い

農場見学もできます

丹庄ファームさんでは、事前連絡をする事で農場の見学も可能な限り対応いたします。

※ニワトリのストレスなどを考慮しての配慮ではないかと思います。

    • 連絡先:090-9743-2077

(電話番号のお掛け間違いにご注意ください)

 

丹庄ファームさんに伺ってみて

自然に近い環境での生育で、昔の日本で当たり前だった環境を再現しようとしている丹庄ファームさん。

従業員の方は、のびのびと楽しく作業していました。
ニワトリについて質問すると、品種だけでなくそれぞれの性格まで教えて頂きニワトリに対する愛情を感じました。
雰囲気はアットホームという感じでしょうか。
炎天下の中、取材させて頂きありがとうございました。

皆さんもぜひ≪岩切村のうみたてたまご≫を食べてみてくださいね。