こんにちは。MSJSサポートです。

突然ですが、皆さんは「リース」と「ローン」2つの違いをご存知ですか?

車を見に行ったときや会社で使うコピー機・複合機を探している時によく聞く言葉かと思われますが、いざ聞かれるとなかなか答えられませんよね。

今回は「リース」と「ローン」について、日常的に身近な車を例にして簡単にお話しします。

リースとローン

リースとは

リース契約とは、毎月一定の金額を払い長期にわたって車(商品)を「借りる」サービスです。

ですので、最後まで車の所有権はリース会社にあります

契約期間終了時には会社に車(商品)を返却、またはその場で再契約を行い引き続き借りるしかありません。

権利が会社側にあるのであまり自分の自由にはできませんが、その代わりに契約内にメンテナンスや保守、各種税金などが含まれていたりするので細かい管理が苦手な方には向いているサービスなのではないでしょうか。

もちろん、契約内容によっては管理費は別でかかる場合があるので事前に確認しておくのを忘れずに。

特徴的なメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット

  • 管理コストがかからない
  • 高額な初期費用を出す必要が無い

 

デメリット

  • 走行距離制限や契約満了まで解約できないなどの制約がある
  • 汚れや故障があると追加でペナルティ料金を払う場合もある

ちなみに、レンタルとシステムがかなり似ていますが、レンタルは1ヶ月単位での短い期間でしか借りられないのに対しリースは年単位で借りることができます。

 

ローンとは

車を購入する際ローン契約にした場合、月々で分割払いをして完済して初めて「自分の持ち物」となります。

こちらはリースと違って「購入」しているので、最終的な所有権は自分自身にあります。

なので、メンテナンスや車検や各種税金などは自己負担となりますが、法律違反にならない範囲で自分好みにカスタマイズしたり好きな距離を走行することが可能です。

購入手続きの時に頭金の支払いなどが発生しますので、まとまった資金が用意できて且つメンテナンスを自分で行うのに抵抗が無い方に向いているサービスだと思います。

特徴的なメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット

  • 面倒な制約が無い
  • 所有権が自分にある

 

デメリット

  • 個人の金銭的負担が大きい

 

 

社用車にする場合、節税はできるの?

会社で車を用意しなくてはならない時も、リースとローン(購入)の違いによって節税できる範囲などが変わってきます。

≪新車を購入した場合≫

  • 車は固定資産扱いとなるので、原則として6年に分けて減価償却することが可能。
  • 一括購入の場合、その年に全額経費計上できない。

≪中古車を購入した場合≫

  • 4年落ちの中古車ならば耐用年数2年で減価償却が可能。
  • 新車よりも修理費などのメンテナンスコストが発生するリスクが高くなるので注意。

≪ローン契約の場合≫  

  • 経費計上できるのは月々の金利のみ。
  • 一部しか経費にならないので結果的に負担は大きい。

≪リースの場合≫

  • 利用料を「賃借料」として経費で落とせるので、比較的節税効果が高い。
    (契約内容・利用状況にもよります)
  • 総支払額自体はローン契約と比べて少額割高になってしまう。

 

料金的にはどちらも一長一短、お得な面もあればより負担が掛かる面も勿論あります。

どちらのほうが総額費用的に安いか、という話に関しましては同じサービス内容でもお店や会社によってかなり金額が左右されますので、はっきりと断言する事はできません。

節税や経理の事で不安な気持ちがあるなら、一度税理士に相談するのもひとつの選択です。

 

㈲エム・エス・情報システムでは会計支援・コンサルティング事業を行っております。

税・会計に関するご相談・ご依頼も受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。

TEL 022-352-7085 9:00~17:00 [土・日・祝日を除く]

メールでお問い合わせはこちら