毎月第2水曜日はWindows Updateが定期配信される日です。
今月(2019/08)は、14日(水)に配信される予定です。
全国的に配信される上に今回は長期休みを挟みますので、いつもより「インターネットが遅くなった」「パソコンが重い」と感じることがあるので、ご注意下さい。

Windowsロゴ

マイクロソフトの許諾を得て使用しています。

マイクロソフトの著作物の使用について をご参照ください。

 

先月(2019/07)のアップデート以降、前回の時と比べて大きな不具合の影響は出ていないものの未だ既知の不具合が発生し続けているようです。

以下、発生している問題を一部抜粋。

  • Windows 7 / 8.1 McAfeeのセキュリティーソフトを導入していると、アップデート後に起動が遅くなる・反応しなくなるなどの問題。
  • Windows 7 / 8.1 .NETの『セキュリティと品質ロールアップ』を全て適用すると、描画異常や文字化けが発生する問題。
  • Windows 8.1 / 10 スクリーンリーダーソフトのWindow-Eyesを開いたり使用したりするとエラーが発生し、一部正常に機能しない場合がある。
  • Windows 10 夜間モードの設定が反映されない場合がある。

 

この他の既知の問題で、アップデート直後に起動すると画面が暗いままになってしまう不具合も未だ修正されていないようで、今後修正版がリリースされるのを待つしかありません。

おそらく8月のアップデートでもこの不具合は発生すると思われますので、画面が点かなくても慌てず落ち着いて前回のアップデート記事にも載せている回避策を使いましょう。

Windows Update のおすすめ

個人的なおすすめは、Windows Updateは自動ではなく手動にして、時間のあるときにバックアップをとってからWindows Updateを実行し、もし問題が発生した場合は、アップデート前のバックアップで復元する方法です。
但し、脆弱性を狙った攻撃もありますので、早めに適用しましょう。

また、ここ連日猛暑が続きますので大型連休の前に可能であればパソコン含め精密機器の電源は切っておいたほうが良いかもしれません。

 

Windows 7 のサポートは2020年1月14日に終了します。まだWindows 10 への移行が済んでいない方はお早めに。

 

㈲エム・エス・情報システムでは、パソコントラブルが発生した場合のサポート業務も行っております。
お気軽にご相談ください。

TEL 022-352-7085 9:00~17:00 [土・日・祝日を除く]

メールでお問い合わせはこちら