こんにちは。MSJSサポートです。

平成30年分の確定申告の期間は、

平成31年(2019年)2月18日(月)~平成31年(2019年)3月15日(金)になります。

できるだけ早めの申告を行うようにしましょう。

さて、今年からスマートフォンで確定申告が行えるようになりました。

今回は、スマートフォンで確定申告をする際のお話です。

スマホで確定申告

全てのスマートフォンで申告ができる訳ではありません

ID・パスワード方式なら全てのスマートフォンで申告が可能ですが、マイナンバー方式での申告はマイナンバーカードの読み取りに対応している一部のAndroidの機種に限定されています。

マイナンバー方式での申告を行う際は自分のスマートフォンが対応しているか確認してから申告を行いましょう。

check! 対応OSのバージョン
OS 対応バージョン
Android Android 6.0 ~ 8.1
iOS iOS10.3 ~ iOS11.4

※上記以外のバージョンは、誤作動を起こす可能性があります。

マイナンバーカード読み取り対応スマートフォン一覧

使用しているスマートフォンの製品名、型名、通信事業者が下記一覧に記載されている場合、マイナンバーカード読み取り対応スマートフォンになります。

対応していないスマートフォンの場合は、ID・パスワード方式での申告を行う事になります。

マイナンバー読み取り対応スマートフォン一覧

(外部リンク:公的個人認証サービスポータルサイト

※スマートフォンの製品名などが不明な時は、各通信事業者へお問い合わせください。

ID・パスワードの取得方法

ID・パスワードを取得する方法ですが、税務署で税務職員との対面による本人確認を行い取得する方法と、マイナンバーカードとICカードリーダライタを使用して取得する方法があります。

利用開始の際は少し手間に感じるかもしれませんが、一度ID・パスワードを取得してしまえば翌年以降も利用できます。

ID・パスワード方式についての詳細は下記を参照ください。

過去記事:平成30年の確定申告の準備(2)

 

スマートフォンから申告できない場合があります

スマートフォンでの利用条件は満たしているものの、スマートフォンから確定申告が行えない場合があります。

給与以外の収入になるものがある場合

 

  • 副業
  • 不動産
  • 株や FX など
  • 退職金所得

 

その他、確定申告が出来ない場合

 

  • 複数の会社からの収入がある場合(源泉徴収票が2枚以上ある)
  • 勤務先で年末調整をしていない
  • 生命保険、国民年金、健康保険控除を利用したい場合
  • 医療費控除・寄附金控除を利用されていない

上記に当てはまる場合、書類の作成も出来ませんのでパソコンから申告を行うか、直接申告会場へ行って申告を行いましょう。

 

ID・パスワードが無い場合、書類を作成して印刷して郵送しましょう

ID・パスワードが無い場合、申告はできませんが書類の作成は可能です。

作成した書類をPDFファイルとして保存して、家のプリンタなどで印刷して郵送する事が可能です。

スマートフォンからのアクセス・操作方法リンク

確定申告期間中の利用可能時間

◎ 月曜日 8:30 ~ 24:00

◎ その他 0:00 ~ 24:00

e-Tax専用ページリンク

e-taxバナー

アクセス方法等

操作方法

(出典:国税庁ホームページ)

 

まだ対応する一部の方しか利用できませんが、後々、全ての方の申告がスマートフォンで利用できる様になると良いですね。

(有)エム・エス・情報システムでは、確定申告の書類作成に関するご相談も受け付けております。

お気軽にお問い合わせください。

TEL 022-352-7085
9:00~17:00 [土・日・祝日を除く]

メールでお問い合わせはこちら