平成30年分の確定申告の準備

          

こんにちは。MSJSサポートです。

確定申告の時期になりましたが、確定申告の準備は進んでいますか?

平成30年分の確定申告の期間は、

平成31年(2019年)2月18日(月)~平成31年(2019年)3月15日(金)になります。

土日がある為、例年より申告期間が短くなります。

確定申告の準備

確定申告の方法は?

以前の記事で会社員の方でも確定申告を行う場合がある事を記載しました。

確定申告をしたいけど、仕事の都合などで平日に税務署に行けなくて諦めている方も多いのではないでしょうか。

税務署へ行けなくても申告できるように、確定申告の方法は3種類から選ぶことができます。

  • 管轄の税務署に行って確定申告を行う
  • 管轄の税務署へ郵送で確定申告書類を送る
  • e-Taxで確定申告を行う

 

自分にあった申告の方法を選択してくださいね。

税務署に行って確定申告を行う

税務署で職員の方に聞きながら作成する事も可能ですが、税務署は混み合う事が予想されます。

あらかじめ自宅で書類を作成して持参する事をお勧めします。

確定申告書のダウンロードはこちら

 

税務署へ郵送で確定申告書類を送る

郵送の場合、3月15日の消印まで有効となります。

ポスト投函だと、投函日が消印日にならない可能性がありますので、申告期限ギリギリの場合は郵便局の窓口にて郵送の手続きをしましょう。

 

e-Taxで確定申告を行う

インターネット上で行う申請の事です。

初めてe-Taxで確定申告を行う際には、e-Taxソフトのダウンロード等の初期設定があります。

※e-Tax利用に使用するマイナンバーカードの取得には市区町村の窓口に行く必要があります。
また、マイナンバーカードに対応したICカードリーダー(一部スマホでも可)も購入する必要があるので注意が必要です。

詳細は、国税庁ホームページを参照してください。

e-taxバナー

 

なお、申告の際には必ずマイナンバーが必要でしたが、暫定的に今年からID・パスワード方式が開始されマイナンバーカードが無くても申告が出来る様になりました。

※ただし、ID・パスワードの発行には税務署に行かなくてはいけないので注意が必要です。

今年から始まる、ID・パスワード方式については、次回詳しくご説明します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

税に関するご相談をお待ちしています

(有)エム・エス・情報システムでは、税に関する相談を随時受け付けております。

専門的な知識を有した経験豊富なスタッフが親切・丁寧に対応させていただいております。

お問い合わせ